www.teenidentity.net

《全損》とはその名称が示すように全てが壊れてしまった状態、走行が出来ないように乗り物としての役目を満たさなくなった時に判断されますが、乗用車の保険で決められている(全損)は多少なりとも違った内容が含まれていたりします。乗用車の保険の場合では車が損害を受けた状況で『全損と分損』の2つの種類分けられ《分損》は修復費が保険金内でおさまる事を言い表しそれとは反対に「全損」とは修復の費用が補償金を上回ってしまう場合を言います。一般的に、修理で全損という場面では車の最重要のエンジンに修理できない損害が存在したり車の骨組みが変形して修繕が不可能である為リユースか処分と決められるのが当たり前です。ですが、乗用車の事故で修理業者や車の保険会社がこのような修理の費用を算出した場面でどれほど見た感じがちゃんとしていて修復が可能な場面でも修復の費用が保険金よりも大きくてはそもそもなんで自動車の保険に加盟しているのか分からなくなります。こういった場合では『全損』と決めて乗用車の所有権を保険屋さんに引き渡して補償金額を頂く事になっています。当たり前の事ながら長い間乗ったマイカーで未練があり自費で修理をしてでも運転したいというひとはかなりいるので事態に応じて保険屋さんと相談するといいかもしれません。なお、自動車任意保険の中にはこういった状況のために車両全損時諸費用補償特約などの(全損)の際に特約ついているケースがあり、たとえ自動車が《全損》なった際でも購入などお金を一部分負担してくれる状況もあります。尚盗難時補償額の特約をつけていると盗難にあった乗用車がなくなったケースでも(全損)とされ保険金が支払われることになっているようです。

Link

Copyright © 1996 www.teenidentity.net All Rights Reserved.